2024年6月26日
髪の毛にも夏の紫外線対策を!日差しを浴びた後でもできるヘアケア3選

日差しが強くなってくると気になる「紫外線」。

なかでも髪の毛は一番日光が当たり、ダメージを受けやすい場所です。

 

強い日差しによって、髪の毛はツヤがなくなり、パサつきや枝毛になりやすいため、日頃の紫外線対策、外出前後のケアが欠かせません。

 

今回は、私自身が実践し、髪の毛が今までよりも滑らかになったと実感した経験がある、紫外線による髪のダメージケア(紫外線対策)について紹介します。

 

紫外線によって起こる髪の毛のダメージ

 

 

紫外線による日焼けは肌だけでなく、髪の毛や頭皮も日焼けをします。

肌の老化は、紫外線による「光老化」と言われていますが、髪の毛と頭皮も肌と同じぐらい紫外線のダメージを受けやすい場所です。

 

紫外線を浴びると髪の毛は表面のキューティクルがはがれてしまい、ダメージを受けやすくなってしまいます。

 

キューティクルを失った髪の毛は、栄養素や水分がなくなりがちです。

その結果、乾燥やパサつき、髪の毛の変色といった髪の毛のトラブルを引き起こします。

 

また、頭皮が紫外線を受け続けると、肌と同様に乾燥しやすくなり、顔のシワやシミ、たるみのきっかけにもなることがあります。

頭皮は顔の皮膚とつながっているため、頭皮ケアをすることにより、顔のケアにもつながるのです。

そのため、外出時はもちろん、特に紫外線が気になる時期は、顔だけでなく、髪の毛の紫外線対策も必要不可欠です。

 

夏のヘアケアは3つ!帰宅後からできる髪の毛のお手入れ。

 

 

紫外線で様々なダメージを受ける髪の毛。

帽子や日傘、スプレータイプの日焼け止めなど、直接的な紫外線対策は不可欠です。

 

とはいえ、いそがしい毎日を過ごすなかで忘れてしまったり、長時間外出して紫外線を浴びてしまったりするなど、対策できないこともあるかもしれません。

 

そんな紫外線を浴びた後でもできることが、「ヘアケア」です。
ここからはダメージを受けた髪の毛に欠かせないアフターケアについて説明します。

 

①シャンプー

夕方になると皮脂や汗、毛穴の汚れが頭皮や髪の毛にたまってしまいます。

髪の毛や頭皮のシャンプーで汚れなどを落としましょう。

 

また、シャンプーは、トリートメントが髪の毛の中に入りやすいようにするためにも欠かせません。

 

紫外線を浴びた髪の毛には、保湿成分が入ったシャンプーがおすすめです。紫外線の影響で、髪の毛は水分が抜けて乾燥気味になります。

そのような乾燥気味の髪の毛には、保湿成分が備わったシャンプーを使うようにするのがおすすめです。

 

特におすすめは、Beのシャンプーです。
保湿成分といわれるアロエベラが水の次に多く入っている特徴があります。

 

Beのシャンプーについては、下記記事でも紹介しています。
詳細を知りたい方はぜひ読んでみてください。

 

②トリートメント

紫外線からのダメージをケアするのものの一つがトリートメントです。
トリートメントは、紫外線で失われた保湿をケアし、髪の毛の水分をカバーしてくれます。

ダメージを受けた髪の毛は、トリートメントでしっかりと保湿ケアをしてあげましょう。

 

さらにトリートメントには、水分を失った髪の毛の保湿ケアだけでなく、表面を保護し紫外線や外気、ほこりから守るバリア機能も備わっています。

夏場はもちろん、アウトドアや屋外の時間が多い時、パサつきが気になるときはトリートメントが大事です。

 

もっとダメージ補修とうるおいが欲しいという方は、「ヘアマスク」がおすすめです。

ヘアマスクは髪のダメージに特化したヘアケア商品で、うるおいや栄養成分がぎゅっと詰まっています。

 

ヘアトリートメントについては、下記記事にも紹介をしています。

詳細を知りたい方はぜひ読んでみてください。

 

③ヘアオイル

乾燥でパサつきが出た髪の毛は、次に生え変わるまではそのままだと言われています。

乾燥などにより失われたキューティクルの代わりになるものが、ヘアオイルです。

 

ヘアオイルをつけることで髪の毛の表面をコーティングし、紫外線や摩擦から髪の毛を守る力が強くなります。

入浴後はもちろん、外出前につけるのもおすすめです。

 

welalaでは、植物由来のオーガニックでできたBeのヘアオイルを扱っています。

ヘアオイルのメリットや特徴など気になる方はご覧ください。

 

いつものケアに+αでできる!きれいなツヤ髪に欠かせないお手入れ方法

 

 

ここまで、紫外線を受けた髪の毛のダメージやケアについて紹介しました。

もちろん、普段から使っているシャンプーやトリートメント、ヘアオイルでもお手入れ方法次第で、ツヤ髪、元気で若々しい髪の毛をキープできます。

 

①入浴前にくしで髪をとく

髪の毛をシャワーで洗う前に、くしで髪の毛をときましょう。
シャワーの前に、くしを通すことで髪の毛のホコリや汚れを取れます。

 

髪の毛が長い方などは、いきなり頭皮から毛先にかけて髪の毛をとくと絡みやすいため、毛先だけを先にといたあと、頭皮に近い部分をとくのがおすすめです。

 

②1分以上シャワーで髪の毛を洗い流す

シャンプー前のシャワーで髪の毛を洗い流す時間は、1分以上が理想です。

髪の毛の汚れは、シャワーで8~9割落とせるといわれています。

普段さっと濡らしているだけという方もいるかもしれませんが、1分以上髪の毛を洗い流すことが大事です。

また、スタイリング剤をつけている場合は5分以上、シャワーで洗い流しましょう。

 

また、髪の毛を洗うときのポイントは、指の腹を使って頭皮をマッサージすることです。

つい指先を立てて、ツメを当てる方もいると思いますが、ツメを立てると頭皮が傷むため控えましょう。

 

③トリートメントは粗めのブラシやコームでつける

トリートメントは直接手で付けた後、くしを使って毛先までつけることも大事です。

粗めのブラシやコームを使うことで、手では届きにくい部位にもトリートメントをつけることができ、ムラなく髪の毛全体にトリートメントが行き渡ります。

洗い流すときは、手で揉みこむようにトリートメントを洗い流すと、髪の毛に滑らかさがでます。

 

④ドライヤーの前にヘアオイルをつける

タオルドライをした後、ドライヤーで髪の毛を乾かす前にヘアオイルをつけましょう。

商品によって適量は異なりますが、ヘアオイルの目安量は、ショートヘアが1~2滴、セミロングが2~3滴、ロングヘアが3~4滴が理想といわれています。

つけるポイントは、髪の毛の中間から毛先にかけて、手で髪の毛にヘアオイルをなじませながらつけていきましょう。

 

最後に

 

お肌の紫外線対策と同じように、髪の毛も紫外線対策とケアが大切です。

 

紫外線による髪の毛のダメージについて知り、適切なヘアケアを実践することで、いつまでも健やかでツヤがある髪の毛を保つことができます。

 

私も以前は、日傘や帽子での紫外線対策はしていましたが、普段からのヘアケアの大事さを知り、実践するようになりました。

ヘアケアを実践してみると、翌日髪の毛が軽く感じ、ツヤが増して鏡を見るのがうれしくなりました。

 

髪の毛を紫外線から守ることはもちろん、「うっかりして、対策しないまま外出してしまった!」「紫外線を浴びて髪の毛のダメージが!」という方も、帰宅後の簡単なケアをするだけで、髪の毛が変わります。

 

シャンプーやトリートメント、ヘアオイルを使った、普段からできる紫外線対策をぜひ実践してみてください。

 

今回紹介した商品は、welalaのオンラインショップでも取り扱っています。

 

◇Be シャンプー

https://ec.welala-horie.com/products/be-shampoo

 

◇Be トリートメント

https://ec.welala-horie.com/products/be-treatment

 

◇Be ヘアオイル50ml

https://ec.welala-horie.com/products/be-organic-hairoil-50ml

 

【welalaオンラインショップ】

https://ec.welala-horie.com

 

【公式Instagram】

https://www.instagram.com/welala_horie/

« »