2023年11月1日
髪のダメージケアから冬の乾燥対策まで!1本で全身うるおう「Beオーガニックヘアオイル」

暑い夏が終わり、乾燥が気になる季節になってきましたね。

スキンケアで保湿をいつもよりしっかり行ったり、ハンドクリームを使用する頻度が増えたりと肌の乾燥対策を行う人も多いと思います。

 

しかし、乾燥対策が必要なのは肌だけではありません。

実は、髪の毛も乾燥することで切れ毛や枝毛が増え、パサつきや広がりの原因になるため、ケアが必要です。

そこで今回は、髪の表面にあるキューティクルをコーティングすることで潤いを保つことができる「Beオーガニックヘアオイル」をご紹介します。

 

「Beオーガニックヘアオイル」は、髪の毛のダメージケアだけでなく、スキンケアやハンドケアなど全身の乾燥対策にも使えるオイルです。

 

スキンケア成分も配合された「Beオーガニックヘアオイル」

 

 

「Beオーガニックヘアオイル」は天然由来100%のJOCA・エコサートコスモスのW認証を取得した植物由来100%のヘアオイルです。

5種類の植物オイルがエイジングケア、保湿、毛穴汚れを浮かせる、紫外線対策といった働きをサポートします。

 

5種類の植物オイル

・完全無農薬栽培の利島産ツバキオイル

・肌になじみやすい精製オリーブオイル

・頭皮の皮脂と近い成分のゴールデンホホバオイル

・サスティナブルな国産ヒエヌカオイル

・伸びの良い有機ブロッコリーシードオイル

 

さらに、スキンケア成分と同じ有機の国産マグワ果実とコメが、Beオリジナルのオーガニック発酵エキスとして配合されています。

スキンケア発想で、頭皮や地肌と髪のケアだけでなく、顔や手、ボディなどにも使用でき、全身を潤します。

 

乾燥だけじゃない!日常生活に潜む髪のダメージ

 

 

髪が乾燥すると髪がまとまらなかったり、枝毛や切れ毛、髪が細くなるというなどのトラブルを引き起こします。

 

髪へのダメージは、日常で受ける摩擦などの物理的なダメージと、ヘアカラーやパーマなど薬品によるダメージの2つに大きく分かれます。

 

物理的なダメージは、髪が濡れているときにも起こります。

お風呂上りなど髪が濡れているときは、髪の表面にあるキューティクルが開いているため、普段よりもダメージを受けやすい状態です。

ブラッシングをするときは、ヘアオイルで髪を保護してから行うと、キューティクルが剥がれるのを防ぐことができます。

 

私は、お風呂上りに髪を乾かさずに寝てしまい、髪がパサパサになってしまったという経験があります。

髪が濡れたままの状態で寝てしまうと、枕や髪の毛同士で擦れ合い、大きな摩擦ダメージを起こします。

さらに、湿気がある状態は頭皮にも良くないので、自然乾燥ではなく、すぐにドライヤーで乾かすようにすることが大事です。

 

また、髪をドライヤーで乾かす際にも注意点があります。

濡れている髪はドライヤーの熱にもとても弱いので、髪とドライヤーの距離を15㎝以上離すか、先にヘアオイルで髪を保護してから髪を乾かすようにしましょう。

 

「Beオーガニックヘアオイル」のおすすめな使い方

 

 

こだわり抜いた「Beオーガニックヘアオイル」には、髪を潤す以外にもおすすめの使い方があります。

ここでは、4つのおすすめの使い方をご紹介します。

参考にしていただき、ご自身に合った使い方を探してみてください。

 

髪や肌が乾燥したときに、贅沢なオイルの成分と爽やかな香りでうるおいを

「Beオーガニックヘアオイル」は、植物由来100%のオイルに加え、Be独自のオーガニック精油をブレンドしています。

髪、頭皮だけでなく顔や手、身体など全身に使えるオイルで、使用する度にラベンダーやローズマリー、ベルガモットをベースとした爽やかな香りが広がります。

髪や肌の乾燥を感じたときや、リフレッシュしたいと思ったときに使うのがおすすめです。

 

シャンプー前の頭皮マッサージで頭皮を健やかに

「Beオーガニックヘアオイル」は頭皮ケアにもおすすめです。

オイルを2~3プッシュを手に取り、頭皮を指の腹で優しく円を描くようにマッサージしてからシャンプーで洗い流してください。

血行促進と毛穴ケアでスッキリ気持ち良く、健やかな頭皮と髪を保つことができるでしょう。

私は、ゆっくりとお風呂に入れる日のスペシャルケアとして、ヘアオイルを使った頭皮マッサージを行っています。

 

ドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を守る

ヘアアイロンでよく髪を巻いたりされる方にも、「Beオーガニックヘアオイル」はおすすめです。

ドライヤーやヘアアイロンを使用する前に、ヘアオイルで髪の表面をコーティングしておくことで、熱からのダメージを防げます。

特に、ダメージを受けやすい毛先からなじませるのがポイントです。

ヘアオイルを使用して、髪をコーティングした状態でヘアアイロンを使用すると、巻き髪の持ちがいつもより長くなるように感じました。

 

仕上げのヘアスタイリングで紫外線からも髪を守る

外気や紫外線も髪にダメージを与えます。

屋外にいる時間が長い方には、ヘアセットの仕上げとして、ヘアオイルを使用するのがおすすめです。

乾いた髪にヘアオイルをなじませることで髪がまとまり、ツヤ感のある仕上がりになります。

髪の根元や頭皮にオイルをつけてしまうと、髪が寝てしまい、ボリューム感がなくなってしまうので、髪にボリューム感を出したい方は注意してください。

 

最後に

 

「Beオーガニックヘアオイル」は、少量でもしっかりと髪を潤してくれます。

ミディアムヘアの私は、1回0.5プッシュくらいの量で使用し、手に残ったオイルで、手やネイルの乾燥対策も同時に行っています。

 

50mlと25mlの2種類のボトルがあり、25mlのミニサイズは持ち運びもしやすいので、旅行先など外出中でも、ヘアダメージや乾燥の対策を気軽に行うことができて便利です。

 

「Beオーガニックヘアオイル」が1本あれば、髪のダメージケアや仕上げのスタイリング、逃避マッサージだけでなく、顔や手、身体など全身のケアができます。

 

髪のダメージにお悩みの方はもちろん、普段からあまりヘアケアをしていない方や、髪の毛と全身のケアを別々にする時間があまりないという方も、ぜひ一度お試しください。

 

「Beオーガニックヘアオイル」は、welalaのオンラインショップでも取り扱っています。

 

【welalaオンラインショップ】
◇<Beオーガニックヘアオイル50ml5,610円(税込み)

 https://ec.welala-horie.com/products/detail/108

◇<Beオーガニックヘアオイル25ml> 3,960円(税込み)

 https://ec.welala-horie.com/products/detail/160

 

天然由来成分:100% オーガニック度:96%

ECO エコサートグリーンライフ認定

コスモスオーガニック化粧品/コスモス基準

 

配合成分

オリーブ果実油*、ホホバ種子油*、ツバキ種子油*、ベルガモット果皮油、ラベンダー油*、ヒエヌカ油、(アスペルギルス/サッカロミセス)/(マグワ果実 /コメ)発酵粕エキス**、ブロッコリー種子油*、ローズマリー葉油*、グリセリン**、水、ローズマリー葉エキス*、トコフェロール、エタノール**、ヒマワリ種子油、ミシマサイコ花/葉/茎エキス*、マグワ根皮エキス*

*オーガニック原料

**オーガニック由来原料

 

【welalaオンラインショップ】

https://ec.welala-horie.com

 

【公式Instagram】

https://www.instagram.com/welala_horie/

« »