2023年5月17日
夏前から始める紫外線対策 MOANIのオーガニック日焼け止め「DAILY ESSENTIAL SUNSCREEN」でデイリーUVケア

紫外線は一年中降り注いでいます。

夏以外の季節でも紫外線対策が必要と知っていても、梅雨の季節は雨や曇りの日が多く太陽の日差しも少ないため、油断しがちな人も多いのではないのでしょうか。

 

本記事では、一年を通して紫外線対策が必要な理由と効果的な紫外線対策、さらにwelalaで手に入るおすすめの紫外線対策商品をご紹介します。

 

紫外線による肌への影響とは?

 

夏以外の季節や雨や曇りの日は太陽の日差しが少ないため、紫外線も少ないと思ってませんか?

実は太陽の日差しが少ない日でも紫外線は思っている以上に降り注いでおり、私たちの肌や健康にダメージを与えています。

 

特に曇りの日は、紫外線が雲に当たって光が散乱することが原因により、晴れの日よりも多くの紫外線が降り注いでいることもあるのです。

環境省の発表によると、紫外線を浴びすぎるとシワ・シミや皮膚がん、白内障など人の健康に影響があることがわかってきています。

 

 

紫外線にも種類があり、地上に届く紫外線は波長が長い「UV-A」と波長が短い「UV-B」の2種類に分けられます。

 

・UV-A

UV-Aは、「生活紫外線」と呼ばれ、雲やガラスなどを通過し、日常の生活の中で私たちの肌に届きます。
波長が長いUV-Aは肌の奥深くにある真皮まで届き、肌の土台となるコラーゲンを破壊してしまい、シワやたるみの原因になってしまいます。

 

・UV-B

UV-Bは、外でのスポーツや外出など、屋外での日焼けの原因となることから「レジャー紫外線」と呼ばれます。

波長が短いUV-Bは表皮の炎症や乾燥をもたらし、シミやくすみを作り出す元となるメラニンの生成を活性化させます。

 

肌を紫外線から守る!オススメの紫外線対策方法3選!

 

 

紫外線による肌とトラブルを防ぐためにUV-A・UV-Bに対するオススメの紫外線対策法を3つお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.肌を露出しない

紫外線によるトラブルを防ぐためには、まず紫外線が当たる肌の面積を減らすことが大切です。

外出時にはUVカットの効果がある手袋や帽子、日傘を使って紫外線を浴びないように工夫をしましょう。

注意しないといけないのは、太陽からの直接の光は防げますが、地面から反射した光は防ぐことができません。

 

2.サングラスで目を守る

肌だけでなく、目から入る紫外線にも対策を行う必要がありますので、UVカット効果のあるサングラスを選びましょう。

目に当たった紫外線は角膜で吸収されますが、吸収しきれなかった紫外線は、水晶体や網膜など目の奥まで届き、目に影響を及ぼすことがあります。

 

3.日焼け止めを塗る

日焼け止めはお手軽な紫外線対策法ですが、手袋や帽子、日傘ではカバーすることができない、地面から反射した光のケアもできるのでオススメです。

室内・室外問わず2~3時間毎のタイミングでこまめに塗りなおすことで効果を持続させることができます。

 

シーンに合わせた日焼け止めの選び方

 

 

日焼け止めを選ぶときには使用するシーン、つけ心地や機能に合わせて選びましょう。
また、日焼け止めを選ぶときは、SPFとPAの値に注目しましょう。

 

SPF

SPF=Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)は、肌の表面に炎症を引き起こすUV-Bの影響を防止する力を数値で表したものです。
SPFは2〜50、さらに50以上の場合は「50+」と表示され、数値が大きいほどその防止力が高まります。

 

PA

PAは、肌の奥へと侵入してコラーゲンやエラスチンに悪影響を及ぼすUV-Aに対する効果を示します。
PAの「+」の数が多い程、UV-Aを防ぐ能力が高くなります。

 

ただし、数値は高ければ高いほど良いというわけではありません。

特に乾燥肌や敏感肌の方は数値だけで日焼け止めを選ぶと、肌に余計な負担をかけてしまい、肌トラブルの原因になります。
次にご紹介する表で、シーン別の日焼け止めの選び方の参考にしてください。

 

シーン別でオススメしたい日焼け止め

シーン SPF PA
10分~20分程度の短時間の外出

(散歩や買い物など)

SPF10~30 PA+~++
屋外での軽いスポーツやレジャー SPF10~30 PA++~+++
炎天下でのマリンスポーツやレジャー SPF30~50 PA+++~++++

 

日焼け止めは数値よりも正しい使い方を意識する

 

紫外線対策を効果的に行うために大切なのは、日焼け止めを正しく使うことです。

 

日焼け止めはムラなくたっぷりと塗りましょう。

少量では十分な効果が発揮されません。

クリームタイプはパール2粒分、ローションタイプは1円玉2枚分を目安に塗りましょう。

 

下記のパーツは見落としがちなので要注意です。
見えにくいパーツから日焼け止めを置いていくと、塗り忘れを防げます。

  • 生え際
  • 小鼻の脇
  • アゴ下
  • 耳下

また、2~3時間置きのこまめな塗り直しも重要なポイントです。

 

塗りなおすときは、まずティッシュで拭いて、汗や余分な皮脂を取り除きましょう。

さらにミスト化粧水などで水分補給をしてから塗り直すことで日焼け止めの効果がより長持ちします。

メイクが崩れやすいところは日焼けしやすいところなので、要注意です。

 

なお、日焼け止めが本来の紫外線防御効果を発揮するまでには、肌に塗ってから15~30分程度の時間がかかります。
そのため、日焼け止めは外出の直前ではなく、出かける30分ほど前には塗り終えるようにすると良いでしょう。

 

welalaのオススメ!オーガニック成分にこだわったMOANIの日焼け止め「DAILY ESSENTIAL SUNSCREEN」

 

 

MOANI(モアニ)の「DAILY ESSENTIAL SUNSCREEN」は、人と環境に優しいオーガニックUVケア商品です。

 

原料の全てが天然由来で、敏感肌の方や小さなお子様も安心して使用できます。

紫外線から肌を守るための日焼け止めだからこそ、肌ストレスの原因となる石油由来成分や合成添加物を徹底的に排除しています。

 

実際に使ってみると、レモングラスとラベンダーの精油由来の、さわやかですっきりとした香りが気持ちをリラックスさせてくれます。

 

また、特に驚いたのは肌へのなじみやすさです。

肌に塗ったときのべたつき感、きしみ感がほとんどなく、塗った後の肌なじみがとても良いのが特徴です。

べたつく感触が苦手という方にも非常にオススメです。

 

優しいのは肌にだけではありません。
世界最大規模のオーガニック認証機関であるECOCERTの厳しい基準をクリアしたエコサートグリーンライフ認定を受けており、近年問題となっている海やサンゴなど環境にも優しいナチュラルでオーガニックな化粧品です。


指標は国内最高UV指数の「SPF50+ PA++++」

化粧下地としても使用することができるので、毎日通勤などで外出する機会が多い人におすすめです。
さらに、普通の石鹸とお湯で落とすことができるのも嬉しいポイントです。

 

オーガニックの日焼け止めというと肌なじみがあまり良くなく、白く残りやすいイメージがありましたが、MOANIの「UV SKIN PROTECT MILK」を実際に使用してみると乳液のように伸びがよく、非常に塗りやすい印象です。

紫外線だけでなくブルーライトの対策まで行える点も肌トラブルを防ぐために嬉しいポイントです。

 

おわりに

 

オーガニックの日焼け止めというと肌なじみがあまり良くなく、白く残りやすいイメージがありましたが、MOANIの「DAILY ESSENTIAL SUNSCREEN」を実際に使用してみると乳液のように伸びがよく、非常に塗りやすい印象です。

 

紫外線対策は夏以外の季節も行うことが大切です。

MOANIの「DAILY ESSENTIAL SUNSCREEN」で今からしっかりデイリーUVケアを行いましょう。

 

MOANIの「UV SKIN PROTECT MILK」はwelalaのオンラインショップでも取り扱っています。

ご興味がある方は下記サイトも一度覗いてみてください。

https://ec.welala-horie.com/products/detail/161

 

《商品情報記載》

日焼け止め

DAILY ESSENTIAL SUNSCREEN

SPF50+ PA++++

WATER-PROOF

50g

¥3,960

 

使っていないもの

× 紫外線吸収剤

× シリコン、石油系合成ポリマー

× 遺伝子組み換え植物原料

× 合成香料

× 合成着色料

× 鉱物油(ミネラルオイル)

× 動物由来原料(ミツロウ、ハチミツも不使用)

× 石油系防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)

× 石油系界面活性剤

× アルコール(エタノール)

× ナノ化原料

 

【welalaオンラインショップ】

https://ec.welala-horie.com

 

【公式Instagram】

https://www.instagram.com/welala_horie/

« »